民主党 衆議院議員 大畠章宏

国会リポート/No.897

至誠一貫・報恩感謝

党代表選で前原誠司さん支援を決定

PDF版ダウンロード

党両院議員総会で代表選挙日程決定 

8月2日(水)、午後3時から党本部会場で両院議員総会が開催されました。この両院議員総会では、「8月3日に安倍総理は内閣改造を実施し、支持率を回復させ、9月臨時国会の冒頭解散総選挙も予測される。党としては代表が辞任表明する中の緊急事態であり、この際、両院議員総会で早急に代表を選出し総選挙体制を整えるべきだ」「支持率低迷の中での代表選挙であり、しっかりと党員サポーター参加の中で代表を選ぶべきだ」などいろいろな意見が出されたが、執行部提案通り8月21日告示、9月1日投票で代表選挙を実施することが決定されました。

福島原子力発電所内部調査結果について 

8月3日(木)、参議院議員会館内の会議室にて、東京電力から、福島原子力発電所内での調査結果について報告を受けました。これは、事故を起こした原子炉格納容器内部にロボットを投入し内部を調査した結果等について報道され始めたが、この調査結果について直接報告を受けたものです。同時に、現在の凍土壁設置の状況や汚染水量の増加量や汚染水タンクの現状などについて報告を受けました。

労働組合定期大会に出席 

8月に入り各地で、労働組合の定期大会が開催されており、この定期大会の出席させていただき、現在の国会情勢および政治状況について報告をさせていただきました。

「素交会」として「前原誠司さん」支援を決定 

8月7日(月)、党内議員政策研究グループの「素交会」として、代表選挙に立候補予定の前原誠司さんを支援することを決定しました。これは、党として「尊厳ある生活保障政策」について検討会を実施し、国民の雇用不安、生活不安、将来不安を取り除き、すべての人が安心して暮らせる社会環境を整えることを旗印にして国民に訴えることが必要だとして、地道にこの一年間、政策活動を展開してこられた政治姿勢を評価して、前原誠司さんを支援することを決定したものです。        【国会リポートNo.897号完】