前衆議院議員 大畠章宏

国会リポート/No.900

至誠一貫・報恩感謝

東海村長選挙で「やまだ修氏」当選

PDF版ダウンロード

「やまだ修氏」二期目無投票当選(東海村長選挙) 

8月22日(火)、東海村の村長選挙が告示され、現職の山田修氏(56歳)が2期目に立候補されました。同日17時に立候補が締め切られた結果、立候補者は山田修氏のみとなり、山田修氏の無投票当選が決まりました。おめでとうございます。

シベリア抑留犠牲者追悼のつどい 

23日(水)、13時から、東京都内の国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑において、シベリア抑留犠牲者追悼のつどいが開催され出席させていただきました。シベリア抑留者の問題については、高萩市の豊田耕八さんらが熱心に訴えられ、2010年6月、民主党政権下において「特別措置法」が成立しましたが、さらに国主導での遺骨収集や追悼式典実施が必要です。

長谷川修平県議のご母堂様の告別式 

27日(日)、同志である長谷川修平茨城県議会議員のご母堂様(91歳)の告別式が青森県つがる市内の斎場で厳かに執り行われ参列させていただきました。別れを惜しむ関係者の皆さんが大勢来ておられました。心からのご冥福をお祈り申し上げます。

茨城知事選挙で、大井川氏初当選 

27日(日)、茨城知事選挙が行われ、その結果、現職の橋本昌氏(71歳)らを破り、新人の大井川和彦氏(53歳)が当選しました。今回の知事選挙には、3名の候補が立候補しましたが、実質的には実績を強調する現職の橋本氏に対して、7選阻止を訴える大井川氏の戦いが焦点となりました。その結果、大接戦を制して大井川氏が勝利しました。
特に現職の橋本氏は、東海第二原発の再稼働について、これまで反対姿勢を明らかにしてきませんでしたが、10日に行われた水戸市内での出陣式で、突然、「再稼働反対」を明言し、会場内で驚きの声も上がりました。さらに、終盤には、公営掲示板の橋本昌候補のポスターに、「東海原発・再稼働は認めない」の赤いシールも張り出され、さらに驚きの波紋も広がりました。大激戦が展開されましたが、最終的には、大井川氏49万7361票、橋本氏42万7743票、鶴田氏12万2013票という結果になりました。
【国会リポート900号完】