前衆議院議員 大畠章宏

国会リポート/No.902

至誠一貫・報恩感謝

原子力ガラス固化体地層研究所を視察

PDF版ダウンロード

地下350メートルでの地層研究(幌延地層研究所) 

9月4日(月)、午前中の飛行機で、稚内空港に向かい、日本原子力研究開発機構の幌延深地層研究センターを訪ね、地下350メートルの地層処分実験施設を見学させて頂きました。ここでは、原子力発電所にて使用した核燃料の再処理を行った後の「高レベル廃液」を「ガラス固化」し、収納する直径43センチのステンレス金属容器を長期保管する実験施設です。ガラス固化したステンレス金属容器は、さらに、厚さ19センチの鋼材の容器(オーバーパック)に収納し、粘土質の緩衝材の中で長期保管します。
実験施設を見学するために、鉱山で使用されているような小型のエレベーターに乗り、地下350メートルの坑道に入り、実験されている施設を見学させて頂きました。

党両院議員総会で「前原代表・大島幹事長」新体制を了承 

9月5日(火)午後4時から民進党両院議員総会が開催され、前原誠司新代表から、大島敦さんは幹事長、枝野幸男さんは代表代行、階猛さんは政調会長、長妻昭さんは選対委員長などの新執行部人事案が報告され、全会一致で了承されました。
しかし、当初は9月2日に幹事長就任を打診されていた山尾志桜里さんは、7日発売の「週刊文春」での報道内容により党に迷惑を掛けることになるとして、4日夕方、幹事長就任を辞退。そこで、代表代行就任予定であった大島敦さんが幹事長に就任することとなりました。その後、山尾議員は7日に離党届を提出し、翌日の常任幹事会で承認されました。山尾議員は活躍が期待されていた議員であり、誠に残念な事となりました。

地球エネルギー環境経済研究会セミナーを開催 

9月8日(金)、「地球エネルギー環境経済研究会」のセミナーを開催させて頂きました。今年は、長年ご指導を頂いておりました日本エネルギー経済研究所参与の十市勉先生に「日本国のエネルギー戦略と未来への責任」と題してご講演を頂きました。その後、同じ会場にて、この一年間のご支援に感謝しながら「レセプション」を開催し、多くの皆さんにご協力とご来場を頂き、懇談させて頂きました。ご協力頂きました皆さん、ご来場いただきました皆さん、ありがとうございました。       【国会リポート902号完】